『IT × 人財』で世界をつなぐ、未来をつなぐ。

世界のエンジニアが国境を越えて活躍する「ハブ」となる

日本企業が今後成長を続けるには、ダイバーシティ(人材の多様性)の推進が大切だと言われており、
外国人エンジニアの活用が、組織におけるダイバーシティの推進やグローバル化に一役買っていくことは間違いありません。
海外ではアジアを中心とした新興国市場が拡大し、企業においては、グローバル競争に勝ち抜くため、
多様な価値観を持つ人材の採用、育成が必要不可欠になっています。