ベトナム初の日系フィンテックセンターがハノイにオープン

 IT人材の派遣・紹介を行うCoingate株式会社【所在地:東京都中央区、代表取締役:鍋島浩太】は、ベトナム・ハノイに「JAPAN FINTECH CENTRE(通称:JFCベトナム)」を開設いたしました。
日本企業によるフィンテック技術のトレーニングセンターはベトナム初であり、ブロックチェーンやAIなど高度IT技術に関して各大学との共同開発を行うほか、ベトナムのIT人材をトレーニングし日本企業への就職をサポートしていきます。

特徴・強み

「JAPAN FINTECH CENTRE(ジャパン・フィンテック・センター)」は、Coingate株式会社とベトナム企業Kenko Japan Ltd.(代表取締役:グエンティビックトゥイ)との共同出資により設立された学校法人です。

外国企業出資で学校法人を設立するのは困難ですが、この度ベトナム情報通信省の支援を受けて政府認可を取得することができました。日系企業がフィンテック関係の教育機関を設立するのはベトナムで初めてとなります。

センターの主要事業は「高度IT人材」を育成、日本企業への就職をサポート

1. 企業からのオーダーメイドによる教育カリキュラムで、即戦力となる人材を育成、就職へ。テーマは、フィンテックをはじめ、ブロックチェーン、AI、セキュリティなど、高度IT技術に関するものが中心となる。

2. 学生はテーマに合致した各大学から推薦により選抜する。ハノイ国家大学テクノロジー校をはじめベトナムトップクラスの大学と提携協定を結んでおり、大学生、大学院生をはじめ、すでに企業で働いている卒業生も獲得する。

3. 大学生の場合は、センター修了後にインターンシップとして1年間日本でOJTを経験、その後日本での就職も可能。これにより受入れ企業、学生共にミスマッチを防ぐことが可能となる。

主な提携大学

ハノイ国家大学テクノロジー校、ハノイ工科大学、ベトナム暗号技術学院、ハノイ貿易大学、ベトナム経済大学、ハノイ工業大学、日越大学、サイゴンハイテクパーク

背景

経済産業省によると、2030年には79万人のIT人材が不足すると予測されています。中でも、今後我が国の世界競争のカギを握るブロックチェーン、AI、ロボット、セキュリティなど最先端IT技術者をどう確保していくのかは緊急的な課題であります。当社はブロックチェーン技術を活用したITサービスを提供するなかでベトナムIT技術者に注目、2018年12月には人財事業部を立ち上げベトナムの高度IT人材の派遣・紹介をスタートいたしました。併せて、人材の安定確保のためには自社での育成が不可欠な事からベトナム現地での教育機関設立を諮り、ベトナム情報通信省の支援を受けて許可取得に至りました。

今後の展望

JFCベトナムの開設により、日本企業からのオーダーメイド型で高度IT人材を育成、安定的な供給を行ってまいります。第1期としては、IT技術者20名、インターンシップ大学生50名を日本に送る計画で、すでに募集を開始しております。

情報通信省内にあるオフィス

 

JAPAN FINTECH CENTRE (ベトナム・ハノイ)

N1 Hoang Dao Thuy, Thanh Xuan, Hanoi
https://jfc-hanoi.com E-mail: info@jfc-hanoi.com (日本語ベトナム語)